シロバナトクワカソウ


群馬県谷川岳 2005.6.2
         シロバナトクワカソウ
イワウメ科イワウチワ属
Shortis uniflora var. orbicularis f. leucantha

上越地方〜近畿地方の日本海側に分布。
山地の岩場などに生える高さ5〜15cmの
常緑の多年草。
葉は広楕円形で、基部は円形〜くさび形。
縁には波状の鋸歯がある。
花茎の先に淡紅色の花を1個つける。
よく似ているイワウチワ(var. kantoensis)
の葉は広円形で、先がややへこみ、基部
は心形なので区別できる。
白花品をシロバナトクワカソウと呼ぶ。

トップページへ  前ページへ