シロバナトウギボウシ


群馬県至仏山 2005.8.8
           シロバナトウギボウシ
ユリ科ギボウシ属
Hosta sieboldiana(学名はトウギボウシ)

山地の草地や林縁に生える高さ50〜
70cmの多年草。
葉は卵形〜卵状楕円形、基部は心形
で裏面の主脈は隆起する。
7〜8月、花茎の先に淡紅色〜白色の
花を横向きにつける。
オオバギボウシが、多雪条件で変異し
たものと考えられる。
オオバギボウシに比べると花茎が短く、
花数も少なく、全体が白っぽい。
至仏山から高天ヶ原を下った草地に点
々と自生していた。
オオバギボウシとは明らかに異なる事
からトウギボウシとした。
オオバギボウシとの区別は難しい


      群馬県至仏山 2005.8.8

トップページへ  前ページへ