シブカワシロギク


愛知県 2004.9.23 画像をクリック
        シブカワシロギク
キク科シオン属
Aster rugulosus var. shibukawaensis

山地の蛇紋岩地帯に極めて稀に生える
高さ50〜60cmの多年草。
湿地に生える基本種のサワシロギクに
比べ、葉が細く、光沢もある
和名は静岡県引佐町渋川で発見された
ことに由来する。
環境省のRDBをはじめ、殆どの図鑑が、
静岡県のみ分布の固有変種としている
が、筆者は愛知県で撮影した。
引佐町渋川で観察している東京在住の
Tさん、千葉のMさんが同定する。


    愛知県 2004.9.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ