スズムシバナ


高知県 2011.9.5 画像をクリック

高知県 2011.9.5 画像をクリック
       スズムシバナ
キツネノマゴ科イセハナビ属
Strobilanthes oligantha

近畿地方以西、四国、九州に分布
山地の林内や林縁にやや稀に生える
高さ30〜70cmの多年草。
葉は長さ5〜8cm、幅2.5〜4cmの卵形
〜三角状広卵形で、鋸歯がある。
9〜10月、枝先に径3〜3.5cmの淡紫
色の花を1〜数個つける。
和名は鈴虫の泣く頃、咲くこから名づ
けられたが、何とも風流である
今回、見られると思っていなかっただ
けに突然の出合いに大感激
ご案内下さったTさん、Mさんのお2人
には記して感謝の意を表したい。


    高知県 2011.9.5 画像をクリック

    高知県 2011.9.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ