ショウジョウバカマ


福島県尾瀬御池 2004.5.27

群馬県谷川岳 2005.6.2
         ショウジョウバカマ
ユリ科ショウジョウバカマ属
Heloniopsis orientalis

和名は花を猩々の赤い顔に、葉を袴に見立
てたことに由来する。
山地の谷沿いや林野の湿ったところに生える
高さ10〜30cmの多年草。
根生葉はロゼット状に多数つき、倒披針形。
茎頂に短縮した総状に数個の花を横向きに
つける。
花披片は淡紅色〜濃紅紫色、稀に白色。
シロバナショウジョウバカマ(var. flavida)は
画像の白花品とは別種である。
雪どけの谷川岳は一面にショウジョウバカマ
の群落を見ることができる。


     群馬県谷川岳 2005.6.2

トップページへ  前ページへ