ショウジョウソウモドキ?


群馬県 2014.10.27 画像をクリック

群馬県 2014.10.27 画像をクリック
        ショウジョウソウモドキ?
トウダイグサ科トウダイグサ属
Euphorbia heterphylla

北〜南アメリカ原産の帰化植物
2014年10月、珍しい帰化植物が佐藤民雄
氏によって、群馬県でも発見される。
空地、荒地、道ばたなどにやや稀に生える
高さ30〜100cmの1年草。
葉は長さ4〜10cmの長卵形〜長楕円形で、
先は尖り波状の鋸歯がある。
9〜11月 (沖縄は周年)、 茎上部の苞葉は
緑色、その上に杯状花序をつける。
果実(刮ハ)は直径約4mmの三角形、表面
は平滑、種子は灰黒色でデコボコ。
発見者の佐藤氏から トウダイグサ科の何
でしょうか?とのメールが届いた。
未見の植物だったため、トウダイグサの第
一人者、福島大学の黒沢高秀教授に同定
を依頼、ショウジョウソウモドキの可能性も
あるが、詳しくは精査中との返事を頂く。

本州での記録は神奈川県や千葉県などの
太平洋側の一部に限られている。
証拠標本 (2個体)は福島大学及び群馬県
立自然史博物j館に納めた。


    群馬県 2014.10.27 画像をクリック

    群馬県 2014.10.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ