タチネコノメソウ


滋賀県高島市 2008.4.26 画像をクリック
         タチネコノメソウ
ユキノシタ科ネコノメソウ属 
Chrysosplenium tosaense

関東地方以西、四国、九州に分布
山地の林下や沢沿いの湿地に生える
高さ5〜10cmの多年草。
地中に走出枝(ランナー)をのばす。
根生葉は円形で、基部は心形。
萼裂片は緑色で平開し、 長さ約2mm、
雄しべは8個、葯は黄色。
ツルネコノメソウ に似ているが、地上
性の走出枝がないので区別できる。


 滋賀県高島市 2008.4.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ