タチヤナギ


栃木県渡良瀬遊水地 2008.3.31
         タチヤナギ
ヤナギ科ヤナギ属
Salix subfragilis

中下流域の川岸などにふつう生える
高さ3〜10mの落葉大低木。
樹皮は灰褐色、不規則に剥がれる。
葉は互生、葉身は長さ6〜15cmの長
楕円形で縁には鋸歯がある。
花は雌雄別株、3〜4月、は葉の展開
と同時に開花する。
渡良瀬遊水地はアカメヤナギ、 カワ
ヤナギなども自生する。


    栃木県渡良瀬遊水地 2008.3.31

トップページへ  前ページへ