タガソデソウ


長野県松本市 2004.5.22 画像をクリック

長野県中央アルプス 2006.6.15
        タガソデソウ
ナデシコ科ミミナグサ属
Cerastium pauciflorum var. amurense

1905年、高島某氏が長野県大和村で発見。
長野県、山梨県の一部に分布。
山地の落葉樹林内や林縁などにやや稀に
生える高さ20〜40cmの多年草。
茎は直立し、葉ととも白軟毛がある。
葉は細長く、無柄で長さ3〜8cm。
5〜6月、集散状に直径約2cmの白い花を
3〜5個つける。
花弁は長楕円形、全体に腺毛が多い。
和名は誰袖草で古歌に由来する。
タガソデソウの咲く斜面は常に風が吹いて
いるので、良い写真が撮れない。


   長野県松本市 2004.5.22 画像をクリック

   長野県中央アルプス 2006.6.15

トップページへ  前ページへ