タイワンアサガオ


沖縄県(本島) 2007.3.18
        タイワンアサガオ
ヒルガオ科サツマイモ属 
Ipomoea cairica

別名:モミジバヒルガオ
熱帯アジア原産の帰化植物。
沖縄の路傍や荒れ地などに帰化して
いるつる性の多年生草本。
葉は互生し、掌状に5〜7裂する。
ほぼ通年、葉腋から出る花柄の先に
紅紫色の花をつける。
本島は道ばたで普通に観察できる。


       沖縄県(本島) 2007.3.18

トップページへ  前ページへ