タイワンハチジョウナ


沖縄県(本島) 2007.3.17
        タイワンハチジョウナ
キク科ノゲシ属 
Sonchus arvensis

ヨーロッパ原産の帰化植物
沖縄本島などの原野や路傍に生える
高さ100〜150cmの多年草。
葉は長楕円形で、通常は羽状に浅裂
〜深裂し、縁には鋸歯がある。
春〜秋にかけて、 茎の上部に花茎を
出し、色の頭状花をつける。
沖縄本島の道路沿いに点在していた。


      沖縄県(本島) 2007.3.17

トップページへ  前ページへ