タイワンホトトギス


沖縄県(本島) 2007.3.18 画像をクリック

沖縄県(本島) 2007.3.18 画像をクリック
         タイワンホトトギス
ユリ科ホトトギス属
Tricyrtis formosana

沖縄本島、西表島に分布
山地の林縁などに極めて稀に生える
高さ60〜100cmの多年草。
10〜3月、淡紫色で紅紫色の斑点が
ある花を散房状ににつける。
外花披片の基部に球状の膨らみが
2個あるのが、本種の特徴。
観賞用によく栽培されているが、 野
生種は非常に珍しい
この貴重な花も 「沖縄の植物」に精
通しているNさんに教わった。
本島唯一の自生地と聞くが、 近くで
伐採が行われていた。
この「貴重な植物」 が失われないこ
とを願いつつ自生地を後にした。


      タイワンホトトギスの花

トップページへ  前ページへ