タイワンクリハラン


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        タイワンクリハラン
ウラボシ科イワヒトデ属
Colysis hemionitidea

屋久島・種子島以南に分布
山中の渓沿いの岩上などに生える
長さ20〜60cmの常緑性シダ。
葉柄は長さ5〜30cm、葉身は長楕
円形〜長楕円状披針形。
葉身の基部が流れて翼になること
から葉身との区別は紛らわしい。
胞子嚢群は所々で切れ、長楕円形
〜円形、主脈側に1列に並ぶ。
胞子嚢群を撮る時間が無かった。
ヤリノホクリハラン(Colysis wrightii)
かも知れないとの指摘もある。


   沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ