タカネシュロソウ


長野県八方尾根 2005.7.6
         タカネシュロソウ
ユリ科シュロソウ属
Veratrum maackii var. japonicum
f. atropurpureum

別名 ムラサキアオヤギソウ
本州の中部地方以北に分布。
亜高山帯〜高山帯の草地などに生え
る高さ20〜40cmの多年草。
偽茎の基部はシュロ毛状の繊維にお
おわれる。
葉は根生葉または茎の下部に集まり、
葉身は細長く、長さ6〜15cm。
7〜8月、茎頂の円錐花序に紫褐色
の花をつける。
花序には短毛があり、花は約1cm。
八方尾根、至仏山、谷川岳などの蛇
紋岩地には多い。




トップページへ  前ページへ