タカネヤハズハハコ


山梨県北岳 2000.8.2
       タカネヤハズハハコ
キク科ヤマハハコ属 
Anaphalis lactea f. alpicola

別名:タカネウスユキソウ
中部地方以北、北海道、中国地方
中部に分布。
高山帯の礫地や乾いた草地などに
生える高さ10〜30cmの多年草。
全体に白い綿毛を被り、葉は白い。
葉の基部の両脇は茎に沿って下方
び流れ、細い翼になる。
7〜8月、淡紅色の花をつける。
北岳は随所で観察できる。

トップページへ  前ページへ