タカトウダイ


長野県 2014.7.3 画像をクリック
       タカトウダイ
トウダイグサ科トウダイグサ属
Euphorbia pekinensis

丘陵地〜山地の林床などに生える
高さ50〜80cmの多年草。
葉は長さ3〜6cm、幅0.7〜15mmの
長楕円状披針形で、細鋸歯縁。
茎頂に葉を輪生、 葉腋から枝をだ
し、先に杯状花序をつける。
苞葉は菱状卵形. 花序の腺体は広
楕円形で黄色。
子房の表面・果実(刮ハ)の表面とも
いぼ突起が密生する。
6〜8月、各地で普通に観察できる。


    長野県 2014.7.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ