タカワラビ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
       タカワラビ
タカワラビ科タカワラビ属
Cibotium barometz

沖永良部島以南の沖縄に分布
日の当たる斜面などにふつうに生える
大型の常緑性シダ。
根茎は大きく斜上し、長さ1〜1.5cmの
黄金色の毛に覆われる。
葉は3回羽状に細かく切れ込み、長さ
1.5〜3m、幅約1m、小脈は2叉する。
胞子嚢群は脈端に付き、 2枚の包膜
に包まれる。
外側の包膜は円形、内側の包膜は少
し伸びて楕円形になる。
西表島の林道沿いに群生していた。


     沖縄県(西表島) 2008.12.14

トップページへ  前ページへ