タケニグサ


群馬県多野郡 2008.7.11
       タケニグサ
ケシ科タケニグサ属
Macleaya cordata

荒地や路傍などにふつうに生える
高さ80〜200cmの多年草。
葉は長さ10〜30cm、菊の葉状に
裂け、裏面に綿毛が密生する。
茎や葉から出る黄色の乳汁は害
虫駆除などに使われた。
7〜8月、 茎の先に円錐花序をつ
くり、白い花を多数つける。
和名は茎が中空で竹に似ている
ことに由来する。
各地でふつうに観察できる。


     群馬県多野郡 2008.7.11

トップページへ  前ページへ