タキミシダ


静岡県 2007.12.10 画像をクリック

静岡県 2007.12.10 画像をクリック
       タキミシダ
シシラン科タキミシダ属 
Antrophyum obovatum

千葉県以西、四国、九州に分布
渓流近くの湿った岩上などに稀に生える
常緑性シダ。
根茎は短く匍匐または斜上し、鱗片は格
子状で、先端は尾状に長く伸びる。
葉は長さ8〜12cmの倒卵形〜長楕円形。
中肋は無く、葉脈は密に網目をつくる。
胞子嚢群は溝に埋まってつき、線形。
和名は牧野富太郎博士が、高知県須崎
市の「樽の滝」で発見したことに由来。
山中で偶然出合ったが、 葉身の損傷を
気遣い、ソーラスの撮影は断念


   静岡県 2007.12.10 画像をクリック

    静岡県 2007.12.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ