タコノアシ


栃木県渡良瀬遊水地 2004.8.5 画像をクリック

埼玉県比企郡 2009.8.21 画像をクリック

(茹蛸?)
栃木県渡良瀬遊水地 2009.10.23 画像をクリック
      タコノアシ
ユキノシタ科タコノアシ属
Penthorum chinense

湿地、湖沼、休耕田にやや稀に生える
高さ30〜80cmの多年草。
葉は互生、長さ5〜10cm、幅5〜12mm
の狭披針形〜披針形。
茎は赤みを帯びることが多い。
8〜10月、 茎の上部に総状花序を出し、
小さな花を多数つける。
開発などの影響で姿を消しつつあるが、
渡良瀬瀬遊水地には多い。
和名は花や実が並んだ花序を、タコの
足に見立てたことに由来する。
いずれ、真っ赤な茹蛸に挑戦したい。
(2009.10.23 茹蛸を撮影)


   栃木県渡良瀬遊水地 2003.8.24

   埼玉県比企郡 2009.8.21 画像をクリック

 栃木県渡良瀬遊水地 2009.10.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ