タヌキコマツナギ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
        タヌキコマツナギ
マメ科コマツナギ属
Indigofera hirsuta

熱帯アジア原産の帰化植物
沖縄に分布、原野や路傍などに生える
草丈40〜100cmの多年草。
茎は地を這い、時に斜上、褐色〜紫色
を帯びた開出毛が密生する。
葉は奇数羽状複葉、長さ1.5〜3.5cmの
倒卵状で、小葉は5〜15個。
ほぼ通年、葉腋から伸びた総状花序に
朱色の花を穂状につける。
よく似ている仲間に単葉のササハギ(マ
ルバダケハギ)がある。
ササハギも撮影したが、単葉を鮮明に
写せず、アップを見送った。


  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ