タウコギ


栃木日光市 2006.10.26
         タウコギ
キク科センダングサ属 
Bidens tripartita

日本全土に広く分布。
田のあぜや休耕田、湿地などに生える
高さ20〜80cmの1年草。
葉は対生、3〜5深裂し、裂片の縁には
鈍い鋸歯がある。
8〜10月、枝先に黄色の頭花をつける。
総苞片は大きく、小さな葉に見える。
舌状花はない。
よく似たアメリカセンダングサ(別名:セ
イタカタウコギ) は小さな舌状花がある
ので、区別できる。


     栃木日光市 2006.10.26

トップページへ  前ページへ