テンニンソウ


栃木県奥日光 2005.8.27

長野県白馬山麓 2006.9.5
         テンニンソウ
シソ科テンニンソウ属
Leucosceptrum japonicum

山地の木陰に生える高さ70〜100cm
の多年草。
茎は四角形で直立し、質は硬くて強い。
葉は柄があり、長楕円形〜広披針形
で鋸歯があり、殆んど無毛。
8〜10月、茎頂の花序に淡黄色の唇
形花が蜜につく。
葉の裏面の中肋に開出毛の生える
品種フジテンニンソウ(f. barbinerve)
は富士山周辺に多いが、栃木や群馬
県にも自生する。
奥日光は全てテンニンソウである。


     長野県白馬山麓 2006.9.5

トップページへ  前ページへ