テリハニオイタチツボスミレ


群馬県 2013.4.10 画像をクリック

群馬県 2013.4.10 画像をクリック

群馬県 2014.4.10 画像をクリック

群馬県 2015.4.12 画像をクリック
        テリハニオイタチツボスミレ
スミレ科スミレ属
Viola obtusa f. nuda

別名:ケナシニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレの1品種
1964年5月10日、浜栄助氏が長野県
霧ヶ峰で発見した。
丘陵地〜山地の林縁・草地に生える
高さ10〜15cmのスミレ。
ニオイタチツボスミレの無毛タイプ.ま
たは部分的に僅かに有毛タイプを云
うと.下記の文献に記述がある。
(原色日本のスミレ 浜栄助著)
当初、ニオイタチツボスミレまたはマ
ルバタチツボスミレと思い撮影したが、
友人(花の番人)から全体が無毛との
電話に早速、訪れて確認する。
ご指摘いただいた 「花の番人」 には
記して感謝の意を表したい。


    群馬県 2013.4.10 画像をクリック

    群馬県 2013.4.10 画像をクリック

    群馬県 2014.4.10 画像をクリック

    群馬県 2015.4.12 画像をクリック

トップページへ  前ページへ