チチブイワザクラ


埼玉県武甲山 1997.4.24

埼玉県武甲山 1997.4.24

埼玉県武甲山 2003.4.24 画像をクリック

埼玉県武甲山 2003.4.24 画像をクリック

埼玉県武甲山 2003.4.24 画像をクリック
      
チチブイワザクラ
サクラソウ科サクラソウ属
Purimura reiminii var. rhodotricha

武甲山のみに生える固有種。
1957年、清水大典、福島定次郎両氏が秩父
の武甲山で発見、中井猛之進、前川文夫両
博士がチチブイワザクラと名づけた。
コイワザクラの変種で、花茎や葉柄などに赤
い毛が密生する。
石灰岩採掘場の拡張に伴い、 自生地ごと消
滅しつつあり、 今ではごく限られた場所に少
数の個体が生き残っているに過ぎない。
武甲山の特定植物を研究している秩父在住
のNさんにお願いし、武甲山を訪ねる。
ご案内していただく、 鉱山の4輪駆動車に乗
換え、自生地へと向った。
自生地は立入り禁止区域にあり、一般の方
は入山できない。
用意された鉱山のヘルメットをかぶり、感激
の対面を果たす。
撮影中も発破の音が頻繁に轟く。


   埼玉県武甲山 2003.4.24 画像をクリック

    埼玉県武甲山 2003.4.24 画像をクリック

     (チチブイワザクラが生育する石灰岩)
       武甲山 2003.4.24

   武甲山 2006.10.25 画像をクリック

トップページへ  前ページへ