トガクシツリフネ


群馬県多野山地 2006.9.7 画像をクリック

群馬県多野山地 2006.9.7 画像をクリック
        トガクシツリフネ
ツリフネソウ科ツリフネソウ属
Impatiens textori f. nudipeduncula

別名:ナメラツリフネソウ
山地の湿ったところにやや稀に生える
高さ50〜80cmの1年草。
茎はやや赤みを帯び、節が膨らむ。
葉は互生し、長さ5〜13cm、菱形状楕
円形で、細かい鋸歯がある。
8〜9月紅紫色の花を数個つけ、無毛
の花序が、本種の特徴。
花弁は3個、花弁は下の2個が大きて
黄色の斑点がある。
小林義雄氏が戸隠山で発見、和名は
最初の発見地に由来する。
渡良瀬遊水地にはワタラセツリフネソ
が(新変種)が自生するが、 長年ト
ガクシツリフネと呼ばれていた。


   群馬県多野山地 2006.9.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ