トゲナシムグラ


北海道 2014.7.11 画像をクリック
       トゲナシムグラ
アカネ科ヤエムグラ属
Galium mollugo

別名:カスミムグラ
ヨーロッパ原産の帰化植物
1975年に札幌市で初めて発見され、
その後、北海道各地に広がる。
道ばた、荒れ地、草地などに生える
高さ60〜80cmの多年草。
茎は4稜で刺は無く、葉は同形の托
葉と併せ、6〜8枚が輪生する。
6〜8月、枝先の円錐花序に白色の
小さな花を多数つける。
同行のつわものに教示頂いた。


    北海道 2014.7.11 画像をクリック

トップページへ  前ページへ