トキワカワゴケソウ


鹿児島県 2013.11.1 画像をクリック
       トキワカワゴケソウ
カワゴケソウ科 カワゴケソウ属
Cladopus austrosatsumensis

鹿児島県の狭い範囲に分布
2007年版RDBはカワゴケソウ(CR)、トキ
ワカワゴケソウ (CR)、 マノセカワゴケソ
ウ(CR)になっていたが、 2012年版見直
しリストでは統合、 全てをカワゴケソウと
して評価(EN)している。
河川のやや急流な岩盤などに稀に生育
する常緑の多年生植物。
葉は長さ4〜8mmのへら状線形で、葉状
体の分岐から数枚束生する。
10〜12月、2〜3mmの花茎を出し、水中
で白色の小さな花をつける。
手や長靴で何度も流れを遮って挑戦した
が、特徴を捉えられなかった。
産地は局所的で、中々出合えない。


   鹿児島県 2013.11.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ