トクサラン


沖縄県(石垣島) 2008.12.15 画像をクリック

沖縄県(石垣島) 2008.12.15 画像をクリック

沖縄県 2014.12.14 画像をクリック

沖縄県 2014.12.14 画像をクリック
        トクサラン
ラン科トトクサラン属
Cephalantheropsis gracilis

鹿児島県〜沖縄県に分布
常緑広葉樹林の林床などに生える
高さ50〜100cmの常緑ラン。
茎の節に葉をつけ、葉は3〜6枚集
まり、長さ20〜60cm、幅4〜7cm。
11〜12月、 茎の下方から柄を出し、
淡黄緑色の花を多数つける。
花は黄色だが、唇弁とずい柱は初
めは白色、次第に黄色くなる。
和名は節のある緑の茎をトクサに
見立てたことに由来する。
西表島、石垣島の両島で観察した
が、個体数は少ない。


  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

  沖縄県(石垣島) 2008.12.15 画像をクリック

    沖縄県 2014.12.14 画像をクリック

    沖縄県 2014.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ