トウゴクマムシグサ


群馬県 2007.5.27 画像をクリック
       トウゴクマムシグサ
サトイモ科テンナンショウ属
Arisaema koidzumianum

山地〜深山の林床・林縁などに生える
高さ60〜80cmの多年草。
葉は2個つき、小葉は7〜9個の楕円形
で、長さ15〜25cm。
仏炎苞は緑色〜紫色、 花序の付属体
は直径6〜8mm。
同定出来ずにいたが、 テンナンショウ
に詳しい友人に教示いただいた、
カントウマムシグサとする図鑑もあるが、
筆者は友人の説に従った。


   群馬県 2007.5.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ