ツバメオモト


長野県八ヶ岳 2005.5.28
       ツバメオモト
ユリ科ツバメオモト属
Clintonia udensis

奈良県以北の亜高山帯の針葉樹林内
に生える高さ20〜30cmの多年草。
根生葉は数個つき、倒卵状長楕円形。
茎頂に数個の白色の花をつける。
果実は液果直径約1cm、濃藍色で
美しい。
和名は葉がユリ科のオモトに似ている
ためと思われるが、ツバメについては
一説に濃藍色の液果を燕の頭に見立
てたものという。
八ヶ岳や秩父山地には多い。

トップページへ  前ページへ