ツクバグミ


長野県 2016.6.18 画像をクリック

(葉の表面)
長野県 2016.6.18 画像をクリック

(果実)
群馬県 2015.8.30 画像をクリック
       ツクバグミ
グミ科グミ属
Elaeagnus nikoense

別名:ニッコウナツグミ
山地〜深山の林床.林縁に生える
高さ2〜3mの落葉低木。
葉は長さ5〜9cm. 幅3〜5cmの卵
状楕円形で.縁は波打つ。
6〜7月. 葉腋に1〜数個の淡黄色
の花を垂れ下ってつける。
果実(偽果) は長さ8〜9.5mmの広
楕円形. 7〜8月に赤く熟す。
赤城山・奥日光・八ヶ岳には多い。


   長野県 2016.6.18 画像をクリック

            (葉の裏面)
   長野県 2016.6.18 画像をクリック

             (果実)
   群馬県 2015.8.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ