ツクバネウツギ


群馬県甘楽郡 2007.4.30

        ツクバネウツギ
スイカズラ科ツクバネウツギ属 
Abelia spathulata

山地の日当たりの良い林内に生える
高さ1.5〜2mの落葉低木。
葉は対生、 葉身は卵形〜楕円状卵
形で、先は細くなって尖る。
4〜5月、新枝の先に直径2〜3cmの
淡黄色の花を2個ずつつける。
花冠は漏斗状で、細い花筒からやや
急に鐘状に広がる。
上唇は2裂、 下唇は3裂、下唇の内
側には橙色の網状紋がある。
ふつうに見られるが、意外に美しい


       群馬県甘楽郡 2007.4.30

トップページへ  前ページへ