ツノハシバミ


(雌花・後方は雄花序)
群馬県藤岡市 2011.3.14 画像をクリック

群馬県藤岡市 2011.3.14
       ツノハシバミ
カバノキ科ハシバミ属
Corylus sieboldiana

山地の林縁や林内にふつうに生える
高さ2〜3mの落葉低木。
樹皮は滑らかで淡灰褐色、 円形また
は横に長い皮目がある。
葉は互生し、 長さ5〜10cmの広倒卵
形で、先は鋭く尖る。
3〜5月、葉の展開前に雌雄花序を出
し、開花する。
山地の林縁で、ふつうに観察できる。


              (雄花序)
      群馬県藤岡市 2011.3.14

トップページへ  前ページへ