ツルギキョウ


埼玉県入間郡 2003.9.30 画像をクリック

埼玉県入間郡 2003.9.30 画像をクリック

(果実)
埼玉県入間郡 2004.12.14
 画像をクリック

埼玉県入間郡 2007.10.14 画像をクリック

埼玉県入間郡 2007.10.14 画像をクリック

埼玉県入間郡 2010.10.5 画像をクリック
        ツルギキョウ
キキョウ科ツルギキョウ属
Campanumoea maximowiczii

関東以西、四国、九州に分布
谷沿いの林縁などにやや稀に生える
つる性の多年草。
花冠は広鐘形で長さ約1.2cm、 白色
で内面は淡紫色、先は中部まで5裂し、
先端は尖って反り返る。
果実は球形で紫色に熟し、刮ハでは
なく、液果なのが大きな特徴。
埼玉県南部に自生しているとの情報
を得てから、5度目の挑戦で感激の対
面を果たす。
(フィールドノートには1998.10.19 撮影
と記録してある。)
目的のツルギキョウは潅木にからまっ
て、小さな花をつけていた。
しかし、すぐ近くに体長60cmほどのマ
ムシが棲息、睨まれての撮影は冷汗
ものであった。


      埼玉県入間郡 2003.9.30

     埼玉県入間郡 2003.9.30

               (果実)
    埼玉県入間郡 2004.11.10
画像をクリック

   埼玉県入間郡 2007.10.14 画像をクリック

     埼玉県入間郡 2007.10.14

   埼玉県入間郡 2010.10.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ