ツルカメバソウ


長野県 2006.5.14

長野県 2006.5.14

長野県 2009.5.11  画像をクリック

長野県 2009.5.11 画像をクリック

長野県 2010.5.14 画像をクリック

長野県 2014.5.13 画像をクリック

長野県 2016.5.12 画像をクリック

長野県 2017.5.27  画像をクリック

長野県 2017.5.30 画像をクリック

長野県 2017.5.30 画像をクリック

長野県 2017.5.30 画像をクリック
       ツルカメバソウ
ムラサキ科キュウリグサ属
Trigonotis icumae

青森、岩手、宮城、埼玉、群馬、長野県
に分布するが、産地は少ない。
山地の草地や沢沿いなどにやや稀れに
生えるつる状の多年草。
花茎は倒れ、上部の葉腋から走出枝が
でる。花序は1個つく。
5〜6月、枝先の花序に白色〜淡青紫色、
稀に淡紅色の花をつける。
花冠は5裂し、花筒の上部に黄色っぽい
付属体がある。
和名はツル状にのびた花茎と亀の甲を
思わせる葉の形に由来する。
タチカメバソウ とツルカメバソウは完全
にすみ分けている。


   長野県 2007.5.23 画像をクリック

        長野県 2006.5.14

   長野県 2007.5.23 画像をクリック

   長野県 2009.5.11 画像をクリック

   長野県 2010.5.14  画像をクリック

   長野県 2014.5.13 画像をクリック

   長野県 2016.5.12 画像をクリック

             (果実)
   長野県 2017.5.30 画像をクリック

    長野県 2017.5.30 画像をクリック

    長野県 2017.5.30 画像をクリック

    長野県 2017.5.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ