ツチアケビ


群馬県利根郡 2003.8.4

群馬県利根郡 2003.8.4 画像をクリック

群馬県利根郡 2003.8.4 画像をクリック

愛知県 2012.7.21 画像をクリック

(果実)
千葉県 2014.7.18 画像をクリック

(果実)
長野県 2015.8.12 画像をクリック

長野県 2016.7.4 画像をクリック
       ツチアケビ
ラン科ツチアケビ属
Galeola septentrionalis

別名:ヤマノカミシャクジョウ
北海道〜鹿児島県徳之島に分布
落葉樹林などにナラタケなどと共生する
高さ50〜150cmの腐生植物。
6〜7月、多数の複総状花序を出し、黄
褐色の花を順次つける。
和名は果実期に地面から直接でるアケ
ビに見立てたことに由来。
果実はアケビというより赤いバナナまた
はソーセージのようだ。
1981年8月.地元紙にツチアケビ発見の
記事が載ったことがある。
未見の植物を撮影したいと思い.電話す
ると軒下で乾燥しているとの返答
滋養強壮になると聞くが.ガッカリしたの
を今でも鮮明に覚えている。


   (果実) 群馬県利根郡 1999.8.23

  (蕾) 群馬県利根郡 2003.7.25 画像をクリック

    愛知県 2012.7.21 画像をクリック

              (果実)
    千葉県 2014.7.18 画像をクリック

             (果実)
    長野県 2015.8.12 画像をクリック

    長野県 2016.7.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ