ウチワゴケ


群馬県甘楽郡 2008.4.16

(コップ状の包膜)

群馬県甘楽郡 2008.11.2 画像をクリック

群馬県 2016.2.5 画像をクリック
        ウチワゴケ
コケシノブ科アオホラゴケ属
Crepidomanes minutum

やや湿った岩上や樹幹などに生える
長さ1〜3cmの常緑性シダ。
根茎は毛を密につけるため、他のア
オホラゴケ属と同様、太く見える。
葉は単葉で扇状に広がり、団扇(うち
は)形をしている。
胞子嚢群(ソーラス)は葉の縁の葉脈
につき、包膜はコップ状。
常緑であるが、冬場は縮んでいる。
渓流沿いの岩場に群生していた。


      群馬県甘楽郡 2008.4.16

   群馬県甘楽郡 2008.11.2 画像をクリック

     群馬県 2016.2.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ