ウメウツギ


埼玉県秩父郡 2006.5.3

埼玉県秩父郡 2006.5.3

埼玉県秩父市 2012.5.6 画像をクリック

埼玉県秩父市 2012.5.6 画像をクリック
       ウメウツギ
ユキノシタ科ウツギ属
Deutzia uniflora

東京、埼玉、神奈川、山梨、静岡に分布
山地の岩場等にごく稀に生える高さ1mほど
の落葉低木。
樹皮は灰褐色、縦に裂けて剥がれる。
葉は対生、長さ4〜6cmの長楕円形〜狭卵
形で、芒状の鋸歯がある。
葉の両面に星状毛が散生する。
4〜6月、前年度の葉腋に白い漏斗形の花
を1〜3個下向きにつける。
花弁は長倒卵形で5個、平開しない。
和名は花を梅の花に例えたことに由来。
小雨の中、ある谷を登って行くとウメウツギ
が、点々と咲いていた。(2001.5.2)
産地は少なく、なかなか出合えない。


   埼玉県秩父郡 2006.5.3 画像をクリック

      埼玉県秩父郡 2001.5.2

       埼玉県秩父郡 2006.5.3

トップページへ  前ページへ