ウンヌケ


愛知県 2003.9.23 画像をクリック
      ウンヌケ
イネ科ウンヌケ属
Eulalia speciosa

ため池周辺や丘陵地などに生える
イネ科の多年草。
一見ススキに似ているが、ススキ
では小穂の基部に小穂とほぼ同
長の毛が生えるのに対し、ウンヌ
ケではこの毛が、小穂の1/3ほど
と短いことから区別できる。
ウンヌケとは尾張の方言で 「牛の
毛」という意味があると聞く。
茎の基部に黄褐色の毛が密生す
るのが特徴で、この毛を牛の毛に
見立てたことに由来する。。
丘陵地に点在していたが、初めて
知る植物だった。


    愛知県 2003.9.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ