ウラシマソウ


群馬県鳴神山 2004.4.15

群馬県甘楽郡 2005.4.22
       ウラシマソウ
サトイモ科テンナンショウ属
Arisaema thunbergii subsp. urashima

中国地方以北、四国、北海道に分布
低地〜山地の林内や林縁などに生える
高さ30〜50cmの多年草。
葉は1個、長柄があり、分裂する。
仏炎苞の舷部は暗褐色。
花序の付属体は糸状に長くのび、基部
は小じわがなく平滑。
和名は長い付属体を浦島太郎の釣り糸
に見立てたことに由来する。
実家周辺のスギ林や竹林には多い。


     群馬県甘楽郡 2005.4.22

    群馬県甘楽郡 2009.5.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ