ウリハダカエデ


(雄花序)
滋賀県 2008.4.26
      
ウリハダカエデ
カエデ科カエデ属
Acer rufinerve

雌雄別株まれに同株
やや湿り気のある谷間などに生える
高さ8〜10mの落葉高木。
樹皮は若木で、暗緑色、縦縞が入り、
菱形状の皮目が点在する。
葉は対生、長さ10〜15cmの扇状五
角形で、浅く3〜5裂する。
4〜5月、 淡緑色〜淡黄色の花を総
状花序に多数つける。
キバナサバノオやサワハコベの咲く
沢沿いに点在していた。


        滋賀県 2008.4.26

トップページへ  前ページへ