ウロコノキシノブ


長野県下伊那郡 2007.10.21 画像をクリック

長野県下伊那郡 2007.10.21 画像をクリック

長野県下伊那郡 2007.10.21 画像をクリック
         ウロコノキシノブ
ウラボシ科ノキシノブ属
Lepisorus oligolepidus

1930年、 下伊那郡大鹿村鹿塩の山中
で、小泉秀雄博士が発見。
長野県南部の標高 320〜890mの岩上
や樹幹に稀に着生する常緑性シダ。
根茎はやや太く、径約2.5mm、短く横走
りし、やや蜜に鱗片をつける。
葉身は狭披針形、 鋭尖頭からやや尾
状、長さ15〜18cm、幅2〜4cm。
裏面には黒色で、宿存性の小さな鱗片
が葉の付け根〜中央に多数つく。
胞子嚢群は葉身の上半部で、 やや中
肋寄りにつき、長楕円形。
産地は極めて少なく、中々出合えない。


  長野県下伊那郡 2007.10.21 画像をクリック

    (宿存性の黒い鱗片がウロコノキシノブの特徴)
  長野県下伊那郡 2007.10.21 画像をクリック

トップページへ  前ページへ