ウルップソウ


長野県八ヶ岳 2006.7.14

(後方はヤツガタケキスミレ) 
長野県八ヶ岳 2006.7.14 画像をクリック

長野県八ヶ岳 2006.7.14
          ウルップソウ
ウルップソウ科ウルップソウ属
Lagotis glauca

別名:ハマレンゲ
八ヶ岳、北アルプス、礼文島に分布
高山帯の砂礫地などにやや稀に生える
高さ10〜20cmの多年草。
葉身は広卵形で長さ4〜10cm、多肉質
で光沢がある。
茎葉は1対、小さくて柄はない。
7月、青紫色の花を総状につける。
花冠は2唇形、上唇と下唇の境に左右
1個ずつ雄しべがある。
従来はゴマノハグサ科に入れられてき
たが、子房室の胚珠は1個で上からぶ
ら下がることや果実が堅果で割れない
ことなどで、区別されるようになった。
ツクモグサは既に花期を過ぎていたが、
ウルップソウは三叉峰の傾斜地に点々
と咲いていた。 (1997.7.6)


      長野県八ヶ岳 1997.7.6

      長野県八ヶ岳 1997.7.6

トップページへ  前ページへ