ウスギオウレン


埼玉県秩父郡 2004.4.8 画像をクリック

埼玉県秩父市 2004.4.8 画像をクリック

埼玉県秩父郡 2010.4.1 画像をクリック

長野県 2014.5.27 画像をクリック
        ウスギオウレン
キンポウゲ科オウレン属
Coptis lutescens

東京 神奈川 埼玉 長野 山梨 静岡県
のフォッサマグナ域に分布
針葉樹林内や林縁にやや稀に生える
高さ10〜20cmの多年草。
葉は3回3出複葉、小葉は卵形で羽状
に中裂、裂片に鋭鋸歯がある。
4〜6月、茎の上部に直径1〜1.2cmの
淡黄緑色の花を数個つける。
分布の限られた珍しい植物だが.奥秩
父のヒノキ林には群生している。
ウスギオウレンの咲く頃.. 秩父の山々
には多くの残雪がある。
観察した日.近くの神社は春の例大祭
で. 太鼓の音が響き渡っていた。
コセリバオウレンも3回3出複葉のため、
同定は花の時期でないと難しい。


      埼玉県秩父郡 2004.4.8

    埼玉県秩父郡 2004.4.8 画像をクリック 

    埼玉県秩父市 2010.4.1 画像をクリック

    長野県 2014.5.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ