ウスイロハナニガナ(仮称)


長野県 2008.6.24 画像をクリック
       ウスイロハナニガナ(仮称)
キク科ニガナ属
Ixeris dentata ssp. nipponica f. amplifolia (学名はシロバナハナニガナ)

ハナニガナの薄黄タイプ
高山の草地や礫地などに稀に生える
高さ10〜50cmの多年草。
葉身は細く、広披針形〜倒卵状長楕
円形で変異が多い。
茎葉はやや短くて柄はなく、基部はま
るく張り出して茎を抱く。
5〜8月、 1頭花当たり、8〜11個の白
色の小花をつける。
長野県の高山で観察した個体は少し
薄黄色をしていた。
ハナニガナや シロバナハナニガナ
変異内とのご批判. ご指摘もありそう
だが、敢て紹介したい。


    長野県 2008.6.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ