ウスイロツユクサ


長野県南佐久郡 2004.8.28
        ウスイロツユクサ
ツユクサ科ツユクサ属
Commelina communis. f. caeruleopurpurascens

ツユクサ の1品種で、内花被が淡青
色の個体を呼ぶ。
道ばたや草地などにふつうに生える
高さ30〜50cmの1年草
茎の下部は地を這ってよく分枝、節
から根をだしてふえる。
葉は互生し、卵状披針形で、基部は
膜質の鞘になって茎を抱く。
花は早朝開き、午後には萎む。
花弁3個のうち2個は大きくて淡青色、
1個は白色で小さい。
長野県佐久地方の田のあぜで、母
種に混じって散生していた。


    長野県南佐久郡 2004.8.28

トップページへ  前ページへ