ワニグチモダマ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
       ワニグチモダマ
マメ科トビカズラ属
Mucuna gigantea

八重山諸島・小笠原に分布
海岸近くの林内や林縁などに生える
つる性の常緑木本。
葉は3小葉、頂小葉は長さ6〜18cm、
幅4〜12cmの卵状長楕円形。
12〜4月、花柄の先の散房花序に淡
黄緑色の花を多数つける。
海岸近くに自生していたが、 八重山
諸島でも産地はごく少ない。
(2007環境省見直しリスト:準絶滅)


   沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ