ヤエガワカンバ


長野県八千穂高原 2005.5.15
       ヤエガワカンバ
カバノキ科カバノキ属
Betula davurica

別名:コオノオレ
中部地方〜東北地方に分布。
山地〜亜高山帯にやや稀に生える
高さ20〜40mの落葉高木。
樹皮は帯灰褐色又は灰色で、鱗片
状に幾重にも剥げて落ちる。
葉は長さ3.5〜8cmの菱状卵形また
は狭卵形で.側脈は6〜8対。
和名は八重皮で、 樹皮が幾重にも
なっている様子を形容したもの。
奥秩父や荒船山でも観察している。


    長野県八千穂高原 2005.5.15

トップページへ  前ページへ