ヤクシマヒメアリドオシラン


長野県 2003.8.3 画像をクリック

長野県 2005.8.16 画像をクリック

長野県 2010.8.21 画像をクリック

長野県 2010.8.2 画像をクリック

長野県 2015.8.10 画像をクリック
        ヤクシマヒメアリドオシラン
ラン科ハクウンラン属
Vexillabium yakushimense

長野県西部〜沖縄県に隔離分布
山地の常緑樹林下に極めて稀に生える
高さ5〜10cm多年草。
葉は3〜5枚互生、長さ5〜20mmの広卵
形〜卵円形で先は尖る。
花は6〜8月に咲き、背萼片3.5〜5.5mm、
側花弁もほぼ同長で、 先が急に狭まり、
側萼片は唇弁と共に基部で.後方に膨ら
み、唇弁は長さ7〜8mm。
この南国の珍しい野生ランは.木曽山中
や伊那谷に自生するが.小さな植物のた
め、探しだすのに一苦労する。
本州のヤクシマヒメアリドオシランを初め
て同定したのは足助裕司氏である。
「信州の野草 」 信濃毎日新聞社刊に掲
載されたハクウンランを誤認と撮影者の
今井建樹氏に指摘したのが第一報


   長野県 2005.8.16 画像をクリック

   長野県 2005.8.16 画像をクリック

   長野県 2010.8.21 画像をクリック

   (レッドデータプランツ 増補改訂新版に掲載)
   長野県 2010.8.21 画像をクリック

   長野県 2015.8.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ